マンションの大規模修繕

コンサルタントの役割

工事現場

マンションの大規模修繕工事を管理組合が行う場合には、様々な進め方があります。中でも、コンサルタントとして建築士事務所を入れることで大規模修繕工事をスムーズに進めることができます。建築士事務所は、マンションの調査診断から設計、工事監理までを受託して、大規模修繕工事全体を総合的に取りまとめていきます。ハード面だけでなくソフト面でも重要な役割を担う存在と言えます。大規模修繕工事の第一歩は調査診断を行うことから始まります。マンションの不具合傾向や劣化状態を把握することによって、大規模修繕工事の内容や資金計画などを検討していくことができるのです。工事内容や資金計画については、長期修繕計画の中であらかじめ予定されているものですが、調査診断結果を踏まえて修繕のための設計を見直すことになります。これらの過程は単にマンションの管理組合と建築士事務所の間だけで行われるのではなく、マンション住民の合意形成を図りながら進めていくことになります。そのため、調査診断の結果、大規模な計画の見直しや予想外の資金の必要性が生じた場合には、長期間にわたって調整が必要になる場合もあります。コンサルタントとして入る建築士事務所は、調査診断から設計、工事監理にわたるまで細かい問題を整理していくことはもちろんのこと、マンション住民全体とのコミュニケーションを図りながら大規模修繕工事の計画を総合的に進めていく能力が必要になります。

専門家の知識を借りる

間取り

マンションの大規模修繕工事を行う場合、その施工会社の選定が大変です。通常、どこの施工会社にお願いするのかは、マンションの管理組合の代表となる理事会やその諮問機関的な役割を果たす修繕委員会が行うことになります。理事会にしても修繕委員会にしても、素人の集まりにすぎませんから、中立的な第三者としてアドバイスをしてくれる建築士を雇うことが大切です。建築士は、管理組合が判断できる資料を作成し、情報をわかりやすく説明してくれますので、管理組合において施工会社を選びやすくなります。公明正大に先手手続きを進めていかなければならないのはもちろんですが、マンションのように集合住宅の場合、考え方が異なる各区分所有者が納得して選ぶことが大切です。一般的に施工会社の選定に用いられる手法は、公募による見積もり合わせ方式ですが、この場合にも、建築士からのアドバイスが重要になります。価格だけでなく、どこをポイントとして見積書をチェックすべきなのかを助言してくれます。具体的には、会社概要や実績、大規模修繕工事の概要などを比較して決めていくことになります。特に、大規模修繕工事の実績がどの程度あるのかは、選定の上で重要なポイントと言えます。建築士のアドバイスを受けながら、それぞれの見積もり内容を理解したうえで、各社にヒアリングを行うことになります。最終的には、どのように大規模修繕工事を進めていくのか、直接話を聞いたうえで、即日選定することになります。

修繕工事と内容

作業員

マンションなどでは、築年数の経過とともに劣化していくため、一定の期間ごとに大規模修繕工事を行う必要性が有ります。大規模修繕工事の内容は、建物の状況を確認し必要に応じて工事を行うことになるので、一般的には外壁の修繕や塗装を行うことや、配管周りの取り換えの実施などを行ないます。マンションなどの建物では防水性能が落ち、水が内部に侵入することで劣化を進めてしまうことが多いでしょう。その為、これらの防水塗装の塗り直しなども同時に行われることが一般的です。マンションなどで大規模修繕工事を行う場合には、入居者へその工事内容や影響内容を説明した上で行われます。大規模修繕工事では、外壁の塗り直しなどにおいては足場が設置されます。それにより、日差しを遮られたりするため、これらの実施期間などを説明した上で工事が行われることが多いです。大規模修繕工事を行う場合には、そのマンションなどを建設した業者が行うケースの他、別の業者に依頼して修繕を行うことがあります。大規模修繕工事は、予め計画的に行われることが通常であり、事前に業者を選定した上で工事が行われていきます。業者に依頼した場合には、建物の劣化状況などの調査から行われ、どのような規模で修繕を行うかをマンションの管理組合などと相談しながら工事が行われるでしょう。定期的な大規模修繕工事を行うことで、建物の大規模な破損などを防ぐことができ長期に利用し続けることができます。

施工実績と種類に着目する

マンション

マンションのように人が住んでいる建物を大規模修繕する場合には、業者の選定が極めて重要です。これまでの施工実績を確認したり、アフターサービスが充実しているかを見るといいでしょう。業者の種類はさまざまありますが、豊富なノウハウや知識を持っている施工専門業者に依頼すると高いレベルでの施工が可能になります。

View Detail

マンションの大規模修繕

工事現場

マンションの大規模修繕工事を行う際に、建築士事務所をコンサルタントとして入れる場合、その能力が重要になります。コンサルタントは、単にマンションの調査診断、設計、工事監理を行うだけでなく、計画がスムーズに進むように総合的な調整能力も必要になります。

View Detail

居住性と資産価値を高める

建物

マンションは耐久性が高いとされますが、経年劣化は避けられないことから定期的な大規模修繕工事が必要です。大規模修繕に欠かせないのが外壁の再塗装です。これにより建物の防水性を高め劣化を防ぎます。ただしその効果は10〜15年程のため、この間隔でマンションの大規模修繕工事を行うことがおすすめです。

View Detail