施工実績と種類に着目する

きちんと業者を選ぶ

マンション

マンションは定期的に大規模修繕をする必要があります。長い年月メンテナンスをせずに放置しておくことは法律に違反することになりますし、居住希望者が集まらなくなる可能性があります。しかしながら、マンションの大規模修繕をするときには業者選びをしっかりとしなければいけません。悪質な業者に任せてしまうと劣悪な状態になってしまう可能性があるからです。業者を選定するときのポイントの1つは施工実績です。その業者がこれまでどれだけの施工をしてきたのかを見る必要があります。マンションのように人が住んでいる状態の建物の施工実績があることは非常に信頼することができます。安全性を配慮しながら円滑に施工作業をするノウハウがあることの証明になるからです。また、営業担当の人柄やコミュニケーション能力も重要です。こちらの要望をきちんと聞いて行ってくれるのか、配慮が行き届いたサービスを実施してくれるのかという目安になります。さらに、大規模修繕をした後のアフターサービスが充実しているかも確認するべきポイントです。もちろん、その他にも業者の経営状態もチェックしておくことも忘れずに行うといいでしょう。施工業者の種類に注目して選定することも大切です。大別するとゼネコン系、施工専門業者、管理会社の3種類があります。マンションの大規模修繕の場合は技術力と安全性が高いレベルで求められるので、豊富なノウハウや知識を持っている施工専門会社に任せるのが無難と言えるでしょう。

考えておきたいこと

おもちゃ

住み方として、一戸建てを選ぶ方も多いですが、途中からマンションを買いかえて住み替えるというケースも多いといえるでしょう。一戸建てよりも管理がしやすく、比較的セキュリティも高く安心感のあるマンションも増えてきました。一戸建てでもいえることですが、建物には築年数というものも重要になってきます。中古で購入する場合、築年数もチェック項目として考えていることも多いのではないでしょうか。一戸建ての場合は修繕をしたいと思ったら所有者の希望するときに行っていくでしょうが、マンションとなると大勢の区分所有者が住んでいるので、自分たちが希望する時期に行っていくというわけにはいきません。マンションの大規模修繕の特徴として、そのマンションに住む住人の意見も聞いていく必要があります。大規模修繕ともなると、費用も大きなものになっていくでしょう。しかし、長く住んでいくためには、この大規模修繕は欠かせないものとなってきます。そのマンションの築年数に応じた適切な大規模修繕を考えていく必要があるのです。どのような修繕を行っていくのかが決まれば、日程に沿って進めていきます。どの程度の修繕なのかにもよりますが、ベランダの外側を覆うという作業も含まれていくかもしれません。その場合、ベランダに出している荷物などを片付けないといけないこともありますので、住人は何をすればいいのかを適宜チェックすることが必要となってきます。マンションにある掲示板や連絡事項をしっかりと確認しておくようにしましょう。

透明性が高い

積み木

あらゆるものは月日を重ねるごとに劣化していくものです。建物も例外ではなく、特に長らく使用されるマンションは破損や風化など老朽化は避けられません。マンションが老朽化すると安全面でも不安になりますし、住民の住み心地も良くなくなります。なので、その時期を迎えると大規模修繕は欠かせなくなります。大規模修繕は一時的なものや部分的な修繕に留まりません。建設当初の外面や機能などを取り戻すほどの工事がおこなわれます。ですから費用や工事期間は単なる修繕とは比べものにはならないでしょう。ですから、管理組合を通し、信頼できる施工会社を選ぶ必要があるでしょう。マンションの大規模修繕でもっとも危惧されるのが瑕疵です。万が一に備えて保証がしっかりあるところが必須となるでしょう。瑕疵保険も充実していますので、その点にも注目してみましょう。また、さまざまなトラブルへの対応力も求められます。こういった安心安全両面でサポートしてくれる専門会社がいま受注を集めています。最近では発注の透明性も求められています。元請や下請の関係上、いままではなかなか見えづらかった一連の流れも、見積もりも含めてきちんとオーナーに説明することで、透明性を高めているのも特徴といえるでしょう。マンションの大規模修繕を扱う会社は有名建設会社から地元の工務店までさまざまありますが、実績や対応の迅速さなども加味しつつ、選択の際の指標にすると良いでしょう。

施工実績と種類に着目する

マンション

マンションのように人が住んでいる建物を大規模修繕する場合には、業者の選定が極めて重要です。これまでの施工実績を確認したり、アフターサービスが充実しているかを見るといいでしょう。業者の種類はさまざまありますが、豊富なノウハウや知識を持っている施工専門業者に依頼すると高いレベルでの施工が可能になります。

View Detail

マンションの大規模修繕

工事現場

マンションの大規模修繕工事を行う際に、建築士事務所をコンサルタントとして入れる場合、その能力が重要になります。コンサルタントは、単にマンションの調査診断、設計、工事監理を行うだけでなく、計画がスムーズに進むように総合的な調整能力も必要になります。

View Detail

居住性と資産価値を高める

建物

マンションは耐久性が高いとされますが、経年劣化は避けられないことから定期的な大規模修繕工事が必要です。大規模修繕に欠かせないのが外壁の再塗装です。これにより建物の防水性を高め劣化を防ぎます。ただしその効果は10〜15年程のため、この間隔でマンションの大規模修繕工事を行うことがおすすめです。

View Detail